気が付くと雑になりがち?洗顔の時に気を付けたいこと!

清潔にしないといけないのに不衛生?

洗顔料やすすぎ方のことはしっかり考えているのに、意外に軽視されることが多いのがタオルや泡立てネットなどの衛生状況です。肌に圧力をかけないためには、洗顔料をたっぷり泡立てる必要があるので、泡立てネットはとても重宝しますよね。洗顔料が角質に侵入しないように防ぐ働きもあるんですよ。でも、このネットが雑菌だらけだと肌にも悪影響が…!一回使ったらきれいに洗って完璧に干してくださいね。できれば何個か用意しておいて、ローテーションで使うのがおすすめです。除菌剤も使うと泡立てネットがもっと清潔になります。タオルも雑菌が繁殖しやすいので、定期的に洗濯して新しいものに交換するようにしましょう。

その毛穴、過剰な洗顔のせいかも!?

毛穴の開きや黒ずみが気になる人がよくやってしまうのが、洗顔のやりすぎです。肌のバリア機能を保つための皮脂がなくなるだけではなく、逆に毛穴が目立つことになるという悪循環に陥ってしまいます。ゴシゴシ力を入れて顔を洗ったり、強力な洗顔料やパックを使うと、肌にとって余計なダメージが加わりますよね。そうなると、肌は自分の身を守ろうとして角質を分厚く、硬くしてしまうんです。その結果、肌はごわつきますし、毛穴も目立つことになります。このようなことにならないためには、とにかく過剰な洗顔はしないことです。もし角質のごわつきが気になるなら、酵素入りの洗顔料を使ってください。ゆるやかなピーリング効果があるので、使っているうちに肌がなめらかになりますよ。

品川美容外科の死亡について調べる