豆の力に注目!イソフラボンを生かして潤いのある肌を目指そう

イソフラボンが摂取できる大豆の魅力

肌質の改善には、毎日の食事に気を付けることが大切と言われていますが、具体的に何から実践すればよいか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。日本で古くから親しまれてきた食材には、美肌効果の高い物が充実していますよ。

豆腐や納豆といった加工品や、味噌、醤油といった調味料の原材料として欠かせない大豆には、イソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きを持つ成分で、積極的に摂取することにより、女性らしい潤いのある肌を目指すことができますよ。

大豆の摂取方法としては、豆乳もおすすめです。カフェラテのミルクを豆乳に変更する、シチューやグラタンのホワイトソースを豆乳ベースにする、など上手に工夫して色んなシーンで豆乳を摂取しましょう。

小豆や白花豆にもイソフラボンが豊富!

イソフラボンを含む豆類は、大豆だけではありません。和菓子の餡に使われる小豆や白花豆からも、良質なイソフラボンが摂取できます。ほっとひと息つきたい時に和菓子を食べると、リフレッシュできるだけでなく、美肌成分もチャージできるなんて、素敵なことですよね。

豆類には、イソフラボンのほかにも、健康な肌を作るもとになるたんぱく質や、腸内環境を整えて体内から老廃物を適切に排出させる効果が期待できる食物繊維など、肌状態を向上させるのに役立つ成分が含まれています。

食事やおやつで豆類を意識的に摂取するようにして、生き生きとした美しい肌を目指して下さい。

品川美容外科の告訴について調べる